iPhoneカメラ

iPhoneカメラLiveの容量は?気がつくと容量不足のiPhoneにいい手は?!

iPhoneカメラLiveの容量について

iPhoneカメラliveはシャッターの前後1.5秒の動く写真(静止画+動画+音声)が撮れる大変ユニークな機能を持っています。

しかし、気がつくとiPhoneの容量が少なくなって「写真が撮れない」なんてことにも

そこで

  • iPhoneカメラLiveの1ファイルの容量はどれくらい
  • iPhone Live Photosで撮るとのiPhoneの空き容量不足になるけどいい方法は
  • 圧縮してiPhoneカメラLiveのファイルサイズを小さくする方法は
SIMフリーでiPhone12を激安に使う!SIMフリー版 iPhone12の予約方法はこちら>>>

iphoneカメラliveの容量はどれくらいになる

iphoneカメラliveで撮った写真の容量は大きくなる

  1. 静止画像
  2. 動画
  3. 音声

の3つの情報で通常の写真JPEGの2倍以上になります。

iphoneカメラliveで撮った実際のファイルの容量は

通常のカメラモードとiPhoneカメラLiveの容量(ファイルサイズ)の比較約2.5倍大きくなっています。

  • iPhoneカメラLiveオフ 約2MBの容量JPEG
  • iPhoneカメラLiveオン 約5MBの容量

iPhoneのストレージの容量をセーブする方法

知らぬ間に容量不足になってしまうiPhoneのストレージ

iPhoneの空き容量の不足解消になにかいい方法は

  1. iPhoneカメラ live「オフ」で常時起動させておく
  2. 「フォーマット」「高効率」でファイルのサイズを圧縮する

iPhoneカメラLive-モードをオフにして撮影する

動きの無いものをiPhoneカメラ liveで撮影しても容量の無駄

デフォルトのiPhoneカメラ live「オン」「オフ」の設定しておく。

必要なものだけiPhoneカメラ live「オン」で撮影。

iPhoneカメラ liveの容量を小さくする

コーデック「HEIF」と「HEVC(H.265)」でLive Photosのファイルサイズ約半分のサイズに容量を小さくできる。

Live Photosのファイルサイズを小さくする方法

『設定』→「カメラ」→「フォーマット」「高効率」

※iPhone 7以降iOS 11以降でサポート

まとめ

iPhoneカメラ liveは動く写真が撮れる非常にユニークな機能ですが、ファイルの容量が大きくなってしまうというデメリットがあります。

iPhoneカメラ liveの起動モードをオフにしておく

コーデック「HEIF」と「HEVC(H.265)」でファイルサイズを圧縮

などでお使いのiPhoneのストレージ容量をセーブしましょう。

 

 

 

SIMフリー版 iPhone12の予約方法はこちら>>> 海外通販!日本未発売スマホ/タブレットをいち早くお届け!【Etoren.com】