ティーエスオージー シティリュックが素敵!口コミや評判はどうだろう?

モバイルのガジェットを詰めた使い勝手が良くって、デザインがいい。
そんなリュックを探していたときに目についたのがコレ!

ティーエスオージージャパンから2019年8月に発売

日本国内では店舗と公式サイトから通販で発売されています。

ティーエスオージーのリュックです。日本上陸

【T・S・O・G(ティーエスオージー)】日本公式ショップを見てみる

T・S・O・G(ティーエスオージー)とは

T・S・O・G(ティーエスオージー)は“The Science of Genius” の頭文字をとった
アメリカのモダンバックブランド(リュック)で米国ニューオーリンズ州出身のカルロス・ズニーガ(Carlos Zuniga)氏によって2015年に設立されました。



▼カルロス・ズニーガ

南米ホンデュラス共和国出身の両親を持つ、米国ニューオーリンズ州出身のアメリカ人。常に文化と文化が交錯することの、ある種の複雑さと深さに興味を持って生きてきました。世界を旅し、様々な文化に触れること・・・それがカルロスの生きる源です。旅は五感を刺激し、人間の創造力を掻き立てます。異なる文化に触れることがインスピレーションの源となり、他にはないユニークな製品を生み出します。

引用)PRTIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000034725.html

ティーエスオージー コンセプトは“コネクティング with カルチャー”

ティーエスオージーのリュックはクリエイティブ・ディレクター カルロス・ズニーガ(Carlos Zuniga)の世界各地への旅で
様々な文化や人々に触れる中で感じたことをインスピレーションから生まれたモダントラベルアイテムとして誕生しました。

ご覧の通り、スタイリッシュで実用的なデザインのリュックがTBSのドラマの中でで芸能人が着用して話題になりました。

【T・S・O・G(ティーエスオージー)】日本公式ショップ

オシャレでカッコいいリュックを選びたい

モバイルワーカー、ノマドワーカーが増える中で気になるのが、モバイルギアを収納するリュック。スタバやタリーズでMacやiphoneと相性のいいおしゃれでかっこいいリュックを見かける機会も増えてきましたね。

モバイルギア格納のリュックはその機能性とおしゃれで選ぶ時代となっています。

ティーエスオージーのシティリュックが素敵

なんと言ってもデザインが素敵なシティリュックのティーエスオージー

こちらではT・S・O・G(ティーエスオージー)のデザインはリュックのデザインの魅力や利用シーンについてご紹介したいと思います。

T・S・O・G(ティーエスオージー)のリュックはデザインの特徴

T・S・O・G(ティーエスオージー)のリュックはデザインの特徴として
『カッチリ過ぎない、カジュアル過ぎない』というコンセプトに基づいています。

なので

  • スタイリッシュでモバイルギアなどもちゃんと格納して素敵にかっこよく使える!
  • 男女ともビジネスでもカジュアルでも使えるデザイン性

また実用性としては

  • 軽さ・大きさ
  • 15インチのパソコンの収納性
  • モバイルギアとのマッチング
  • 防水性

などがモバイルで利用できるリュックの選定ポイントとなりますね!

ティーエスオージーのティーエスオージー シティリュックの使いやすさは

撥水加工されていて水や油をはじく効果があるため雨にぬれても、食べ物をこぼしたりしても拭けば簡単に汚れを落とすことができるのでお手入れも簡単。

ティーエスオージーのリュックは利用シーン

 

スマホ充電もスムーズにできる

「THE ONE(ザ・ワン)」はリュックの内部にバッテリーチャージャースペースを設けたモデルのリュックで挿し込み口からチUSBケーブルを通して内部のモバイルバッテリーからチャージしながらスマートフォンを使うことができます。

雨の日も大丈夫

使いやすさとともに、お手入れのしやすさもモバイルで使えるリュックを選ぶ重要なポイントです。ティーエスオージーのリュックはレザーが水や油をはじく撥水加工されて水や汚れなどが浸み込みにくく雨の日も濡れてもさっとひと拭きするだけでOK。手間いらずのお手入れも人気のポイントです。

 

ティーエスオージーのリュック売れ筋は「MUKO「と「THE ONE」

ここでは国内での売れ筋のMUKOシティリュックとTHE ONEシティリュックのご紹介をします。

【京都からインスパイアされたMUKOシティリュック】

・ティーエスオージーのブランドを代表するモデルで特に日本には馴染みが深いモデルとなります。
というのは氏が京都を旅したときに京都の建造物からシンスピレーションを受けて創作したものがMUKOシティリュックだからです。

なんとなく日本の京都を思わせるイメージが伝わってきますよね。

インフォーマルとカジュアルの共存

また、撥水加工レザーと撥水加工キャンバス生地からなる【MUKOシティリュック】は
インフォーマルとカジュアルともに使えるデザインが特徴です。

実用性としても水や油をはじく撥水効果があるため、お手入れもしやすい実用的なシティリュックです。

MUKOシティリュック価格 税抜19,900円

  • 高さ×幅×奥行=43cm×30cm×12cm
  • 重さ=約0.9kg
  • 撥水加工レザーと撥水加工キャンバスをミックスした異素材コンビネーション
  • 持ち手が高級感のあるレザー
  • 15インチのパソコン収納スペース
  • 収納力抜群の多機能ポケット
  • YKKジッパー採用
  • 男女ともに使いやすいデザイン
  • ビジネスでもカジュアルでも使える万能デザイン

 

【THE ONEシティリュック】高級仕様なのにリーズナブル感の価格

オールレザーリュックで注目を浴びているのがTHE ONEシティリュック

撥水加工仕様のオールレザー

オールレザーで23,900円はリーズナブル感のある価格設定です。オールレザーのシティリュックを求めの方には是非おすすめのアイテムです。

THE ONEシティリュックは国内ではMUKOと人気を二分するモデルです。

THE ONEシティリュック価格 23,900円

  • 高さ×幅×奥行=45cm×32cm×15cm
  • 重さ=約0.9kg
  • モバイルバッテリー収納チャージ可
  • 撥水加工オールレザー仕様
  • 背面部/ショルダー内部は通気性の高いメッシュ仕様
  • 15インチのパソコン収納スペース有り
  • 収納力抜群の多機能ポケット付き
  • YKKジッパー採用
  • 男女ともに使いやすいデザイン