未分類

滝川英治 俳優引退後の新たな職業(仕事)とは何?

滝川クリステルの従兄弟(いとこ)俳優の滝川英治さんが俳優引退を表明しました。

滝川英治さんは自転車の事故で脊髄損傷を負いました。懸命にリハビリに励みましたが現在車椅子の生活です。
しかし、滝川さんはパラスポーツ番組のMCなどで仕事復帰を果たした。

滝川さんといえばリポビタンDのファイト一発のCMや舞台で大活躍の俳優さん。そんな滝川さんが俳優引退を表明し新たな職業として目指しているものは何でしょうか?

滝川英治さんの事故の原因と俳優引退後の新たな仕事(職業)について調べてみました。

俳優の滝川英治ってどんな人

大阪に生まれ、少年時代はスポーツ万能少年だった滝川英治さん

芸能界入りはアルバイト感覚で始めた「リポビタンD」のCM出演でした。スポーツ万能の滝川さんにはバッチリのCMです。

その後ラマや映画、舞台で活躍

端正なルックスと明るいキャラクター身長186cm、体重79kgの恵まれた体格は特にハードなアクションもこなす舞台で活躍する俳優として我々のイメージに定着しています。

滝川英治さんの代表作としては漫画やアニメを原作とする人気作品の舞台版

  • 「2・5次元舞台」
  • ミュージカル『テニスの王子様』
  • ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』
  • 舞台『弱虫ペダル』など、

 

滝川さんは舞台作品への出演を通して、どっぷりとその魅力に浸かってゆきました。

「舞台上での自分のパフォーマンスによって、見ている人が声を上げて笑ったり、堪えきれずに泣いたりする。他人の感情を揺さぶり、感動を呼び起こせる。こんな職業は、俳優のほかにないですよね。まるで魔法みたいで」

引用)https://news.livedoor.com/article/detail/17931722/

人柄 滝川英治ドキュメンタリー「それでも、前へ」

滝川さんのプロ意識やストイックさについては、彼を知るさまざまな人が異口同音に語っている。事故の後遺症と向き合いながら、いまも世の中へ自分を発信し続けている滝川英治さんのドキュメンタリーです。

滝川さんの人柄にふれられるドキュメンタリー「それでも、前へ」

エピソード

・舞台などで共演した俳優さんからも稽古中も本番中も常に「筋トレ」に励む姿が忘れられないという。

 

「体力的にハードな舞台だったのに、稽古中や出演シーン以外は、ずっと筋トレをしているんです。それこそ演出家からダメ出しされている瞬間でさえ、無意識のうちに身体を動かしていることも(笑)。舞台のときは、出番の前に衣裳や髪型のチェックを自分で行うことがありますが、英治さんはそれらに加えて、ボディチェックも欠かしませんでした」

ロードレースを舞台とした作品で、ボディラインのわかる衣裳であるがゆえに、観客に最上の姿を見せたいという気持ちの表れだろう。

「人に見られるという意識がしっかりあるので、とても舞台向きだと思います」と前出の荒木田さんも言う。

引用)https://news.livedoor.com/article/detail/17931722/

滝川英治さんの事故とその原因

順風満帆な俳優人生を歩いていたさなかの突然の悲劇が起こったのは2017年9月

連続ドラマの撮影中、ロードバイクでの転倒事故によって、脊髄損傷という大ケガを負ってしまいます。

この事故から滝川さんの人生は、大きく方向を変えてしまいます。

滝川英治さんの事故の原因

自転車の撮影シーンで転倒事故が起きたのは弱虫ペダルseason2の撮影中

場所は山梨県笛吹市御坂町の県道です。

滝川さんはこの事故で全身を強打して重傷

病院への搬送にドクターヘリが使われたyということですからその事故の重症性がわかります。

下り坂の右カーブを走行しているときに中に道路左の縁石に衝突したことです。

事故の原因

事故の原因は2つ言われています。

警察の捜査

自転車のタイヤが道路の溝にハマった可能性を指摘して
います。

肉体疲労による集中力欠如とスピードの出しすぎ

撮影続きのオーバーワーク疲労蓄積気味なところに自転車のスピード

滝川英治さんの俳優引退の理由

・「そろそろ潮時かな……と。もう1度、最高の舞台に立ち、そして幕を引きたいと思っています」

舞台を得意としている俳優

その表情は明るく、悲愴さは感じられない。しかし、この結論に達するまでに、滝川さんは多くの苦難を何度も乗り越えてきています。

「『俳優』という受け皿があることで、ある意味、甘えてしまう自分がいる。だから1度その肩書を取りはずして、切羽詰まった状態でがむしゃらに何ができるのかを探りたいんです。大学時代から20年近く芝居一筋でやってきて、逆に言えば、それ以外の景色を見ていない。自分でこの先をどうするかを考え動かないと、これ以上の〈人間・滝川英治〉としての成長はないと思いました」

引用)https://news.livedoor.com/article/detail/17931722/

滝川英治さんの俳優引退後の新たな仕事(職業)はパラスポーツ番組のMCや絵本出版も

俳優引退後の新たな仕事(職業)ですが滝川さんは自分の体験を活かしたパラスポーツ番組のMCを目指しています。

また絵本出版や講演会なども企画しているといいますので今後の活躍が楽しみです。

今までの俳優の仕事とは全く別世界。相当な覚悟が必要とされます。滝川さんの事務所やまわりの人からは「あえて俳優を辞めると言わなくても、そのまま新たな仕事(職業)をしたらいいのではないか」という意見も多かったそうです。

しかし滝川さんは俳優の仕事ときっぱりと線を引く決意をしました。真面目で尊敬できる人柄が伝わってきます。

「今はすがすがしい気持ち」と、さわやかな笑顔を見せた。

ほかにも、滝川さんはいくつもの夢や計画を思い描いている。前述の『アスリートプライド』でのMCは、現在もっとも大きなやりがいのひとつだ。仕事のない日は、リハビリの合間に口に絵筆やタッチペンをくわえて、大好きな動物とパラスポーツを組み合わせたイラストを描いている。入院中から考えていたという絵本を出版する構想も進めている。共生社会を実現させるための講演会やイベント、誰もが楽しめるようなフェスを開きたいという大きな夢もある。根底に共通しているのは、「人を楽しませ、幸せにしたい」という、何があっても変わらぬ信念だ。

引用)https://news.livedoor.com/article/detail/17931722/

パラスポーツ番組のMC

俳優としてのラストランも応援して欲しい

ケガから立ち直り困難を克服し新たな人生を歩みはじめる滝川英治さん。きっと多くの人々が励まされるでしょう。多くの方に夢をありがとう。

「ただ、あともう1回だけ『俳優・滝川英治』を待ってくださっていた方に見せたいという気持ちがあります。ファンのみなさんと約束しました。絶対に戻ると。ラストランとしてどんな形になるかはわかりませんが、元気な姿をお見せして感謝を伝えたい」

「今は『生きている』という強い実感があります。もし事故が起こらずケガを負っていなければ、今でも人生の方向性が見定まらず、モヤモヤし続けていたんじゃないかな」

引用)https://news.livedoor.com/article/detail/17931722/

多くの人を魅了してきた、滝川さんのラストラン是非多くの方に観てもらいたいものです。